ブログトップ

筋トレおやじの明日があるさ!

バイク: オイラとバイク物語② YAMAHA MR50編

今では信じられないだろうが、
1978年(昭和53年)当時、オイラが高校生の頃は、「バイク通学があり!」だったのだ。

オイラの高校は、高2から原付バイク通学OKだった。


クラスメイトも、
「通学許可圏」の者どもは、
16歳誕生日を迎えると、速攻で「原付免許」を取得したものだ。


遊び仲間も、勿論、「原付免許」GET組だ。
当時の高校生(オイラ世代)に人気の原付がこれだ!

スズキ マメタン(OR50)

d0333104_15221809.jpg
画像出典元:Web!ke
バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】



ヤマハ ミニトレ(GT50)

d0333104_14573588.jpg
http://global.yamaha-motor.com/showroom/library/grid/
© Yamaha Motor Co., Ltd.



マメタンは、
アメリカンスタイルの”チョッパーバイク”と呼ばれるヤツで
そのワイルドなスタイルに人気爆発
全国的にオイラ世代の高校生に売れまくったんじゃないかな。


ミニトレは、
オーソドックスなスタイルで堅実なヤツだったが、
既に、オイラ世代でも人気下降気味な存在になりかけていた。
しかし、
当時は、”「ミニトレ」か「マメタン」でしょ?” 的な状況でもあり、
”やっぱ、バイクはヤマハでしょ。”という玄人好みに愛された


そんな中、
オイラはMR50
でも、オイラしか、乗っているヤツ見たことね♪。どこにもね♪。
高校じゃ、他に乗ってるヤツ1人だけ♪。
ハッキリ言うと ”地味~” なバイクだった。


ま、そうだよな。
マメタンが空前のブームだったもんなぁ。

みんな、マメタン
高校のバイク駐輪場はマメタンだらけ。。。

もはや、
通学バイクの「デファクトスタンダード」の座に君臨していたのだ。


じゃが、
オイラはMR50で走り続けた。

雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も。

最初は ”おっかなびっくり” なコーナーリングも、


高2の初夏には、
”ビッシ!” と決めた ”リーン・ウィズ” で、無駄なく、軽やかにカーブを走り抜けた。


夏には、
砂利道を、”リーン・アウト” でグィ!と決めて、
ドリフト走行!(逆ハン・テールスライド)しちゃって、”走り仲間” をビビらせた。


秋には、
”リーン・イン” 別名、ハングオン!を決めてコーナーを抜けていた。


オイラは完全に、
「走る」、「曲がる」楽しさを覚え、バイクに没入していった。


通学途中のカーブ道は、
オイラにとってサーキット
全身全霊」でコーナーリングしたものだ。


いつしか、
「MR50でステップを擦る男」の名誉ある称号を学友から得るに至った。

(もう、35年位も昔の話だから ”広く穏やかな心” で読んでちょ!)


ところが、
俺らが高3になる前に
突然の
「原付オンロードスポーツバイク」ブームが到来する。

d0333104_21572448.jpg
1980年6月発売、当時の代表的な50ccオンロードスポーツバイク HONDA MB50
出典:Wikipedia




原付バイクなのにオンロードスポーツ??、
”はぁ??、意味ね~、ガキだねぇ~まったく。” と、
俺ら高3組は、”ピッカピカ” の、”めちゃカッコイイ!” バイクに跨る高2後輩を ”バカ” にしていたが、
本心は悔しくて堪らないヤツもいた。勿論、オイラだ!

オイラは、
買い替えできない悔しさを、
更なる ”ライディングテクニック磨き” にぶつけたのは言うまでもない。


 オイラとバイク物語③ YAMAHA MR50編に続く


オイラとバイク物語①




[PR]
by heronx | 2014-04-22 22:05 | バイク