ブログトップ

筋トレおやじの明日があるさ!

バイク: オイラとバイク物語④ YAMAHA GT50編


今では信じられないだろうが、
1978年(昭和53年)当時、オイラが高校生の頃は、「バイク通学があり!」だったのだ。

オイラの高校は、高2から原付バイク通学OKだった。

GT50 を得たオイラは、
更なるライディングの深みへ突入していった。
飽き足らないオイラは、夏休みになると、早朝から遠くの ”峠” へ馳せ参じた。

しかし、
峠はアップダウンが激しく、空気も薄い。ひ弱な原チャリでは全く話にならない。
なので、もっぱら、ギャラリーと化し、中・大型バイクお兄さんたちのライディングを見学したものだ。

この当時、
なんと言っても花形マシンはヤマハの RZ250 & RZ350 だ。
1980年8月、衝撃のデビューを果たした「水冷2ストロークエンジン」のリアル・オンロードマシン!
REVOLUTIN を全面に打ち出したカタログからも YAMAHA の本気が熱く伝わってくる。
まさにコイツは、世紀のバイクブームを牽引する ”革命児” だったのだ。


d0333104_21271013.jpg

d0333104_21271910.jpg
© Yamaha Motor Co., Ltd.
http://global.yamaha-motor.com/showroom/library/grid/


こいつに跨るには、
「レーシング・スーツ」、「レーシング・グローブ」、「レーシング・ブーツ」、そして「フルフェイス・ヘルメット」が必須だ。
つまり、まんま、レーシングライダーの恰好が要求されるのだ。
この4点着用を怠った者は ”失笑” どころか、下手すると、囲まれたかも知れない。
当時は、それくらい神聖なるマシンだった。
(今見ても、痺れるくらいカッコイイのぅ)

2014年現在、
オンロードスポーツバイクに「2ストロークエンジン」は存在しない。
燃費が悪く、排気煙が出る。ガソリンとは別に2ストローク用エンジンオイルを消費する。
エンジン特性がピーキー(扱いづらい)、、等などの理由で、2000年前には各メーカーのカタログから消えつつあった。
これに沿うように、若者の「オンロードスポーツバイク」ブームも ”衰退の一途” を辿り、「ビッグスクーター」ブームへとバトンタッチされた。

さて、
当時のオイラは、 GT50 に控えめな「カスタマイズ」を施した。
オイラは「凝り性」だが ”ヤンキー” ではない。

なので、
ご近所の手前もあり、「族関係の人」?と思われないよう、バイクカスタマイズにも細心の注意を払った。
先ず、タイヤを変更。ゴツゴツのブロックパターンからロード用タイヤにチェンジ。
次に、ハンドルバーを変更。俗に言う「一文字バー」に変更だ。若干、グリップ部が手前に絞られたヤツだ。
これだけだ。
本当は、吸気系、排気系もカスタマイズしたかったが、騒音が大きくなる改造は避けた。
見た目はほとんど普通のミニトレ GT50
コイツを高校通学に使っても、
”ちょ、ちょっまて。こっちこい!” と、指導員の先生に「裏校門で拉致られる」ことは無かっただろう。

この、
ヒツジ” ちゃんのようなバイクで、田んぼ道を攻略しまくった。
コンパクトで重心の低い GT50 に跨ったオイラは意のままにライディングした。
時々、学友が、田んぼ道に走りにきたり、見物にきた。
オイラが頻繁にステップを擦るため、”ステップ何本変えたん?” とジョークを言われるくらいだった。
自他共に認めるライテク(ライディング・テクニック)。
オイラは心の中でこう呟いた。”俺は羊の皮を被った狼だ” ってね。
まっ、「中二病」じゃないが、完全に「バイク病」だったね。マジで。(^_^;)

この頃、
ベテラン「ケニー・ロバーツ」 と ヤング「フレディ・スペンサー」 が脚光を浴び始めていた。
ケニー・ロバーツとヤーノ・サーリネンと共に「ハングオン」走法を確立したと言われている。
オイラは、ロバーツよりもフレディが好きだった。歳が近かったし、華麗な「ハングオン」は誰よりも速かった。
2輪車でパワースライド走法(ドリフト)を積極的に活用したのもフレディだ。
後のGPライダーに多大な影響を与えたハズだ。

オイラはっつうと、
ヒツジちゃんGT50でコーナーを攻め続けた。
ヒツジの様に振る舞い、街中では大人しく、道交法を順守する。
そして、”ココを攻める” と決めたら、交通状況の観察、路面の調査に時間を割く。
そして、「安全確認、ヨーシ!」となったら、トライだ。
なので、オイラは全く誰にも迷惑をかけずオンロードスポーツを楽しんだ。
なにより、一度もコーナー(カーブ)で転倒したことが無かったのだ。
「慎重にも慎重を重ねる」、それがオイラの中でだった。


オイラとバイク物語⑤ YAMAHA GT50編へ続く

オイラとバイク物語③
オイラとバイク物語②
オイラとバイク物語①




[PR]
by heronx | 2014-04-23 21:01 | バイク