ブログトップ

筋トレおやじの明日があるさ!

こんばんは。こんばんは。こんばんは。

はい、「筋トレおやじ」じゃ。オイラが見たレンタルDVDの感想を勝手に述べるコーナーじゃ。
シリーズとして続けたいなぁ。と思っている次第だぞぃ。若干のネタバレもあるので注意してちょ。


さて、本日のお題は、「 ロボコップ 」じゃ。

オフィシャル・サイト
http://www.robocop-movie.jp/

主演:ジョエル・キナマン 出演:ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソン
監督:ダーレン・アロノフスキー

d0333104_02552544.jpg


© 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.


ロボコップ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

ロボコップ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『キリング/26日間』のジョエル・キナマン主演で贈る2014年版『ロボコップ』。近未来都市・デトロイトを舞台に、半分人間、半分マシーンの“ロボコップ”として生まれ変わった警官が社会の悪と戦う姿を描く。監督はジョゼ・パジーリャ。


では、レビュー~

おお、カッコイイ~、最新ロボコップじゃ~

これは面白い!! 初っ端から「息つく間もなく」緊張したアクションの連続じゃ~
ジョエル・キナマン」、、だれ?って感じだけど、「イージーマネー」とかで隠れた評判の俳優さんだったんじゃのぅ~

先ず、パット(サミュエル・L・ジャクソン)さんが、”うぅ~ぶるぶるぶる~、うぅ~ぶるぶるぶる~、うぅ~ぶるぶるぶる~、んうま、んうま、んうま、うま、うまぁ~ぁ~” の発声練習の声から始まる。
これが、「Metro Goldwyn Mayer(MGM)」の ”ライオン、ガオォー!” のオープニングと重なって、”むむむっ?” と掴みもバッチグーじゃ。

d0333104_03174271.jpg



どうしても、初回オリジナル(1987年公開:ポール・バーホーベン監督)「ロボコップ」と比較してしまうが、最新映像技術を使った今作の映像クオリティは隔世の感がバリバリあるぞぃ。
27年も経つと、こんなに映像技術が発達するんじゃのぅ。。いやはや。。

初回版でも登場したED-209大型治安ロボットは今回スケールアップして再登場。破壊力も強烈じゃ!カッコよさもUP!
そして、初登場の「EM-208人間型ロボット」は非常になめらかな動きだ。

超タカ派「アメリカ万歳!力こそ全て!」のパット(サミュエル・L・ジャクソン)さんが、何かを「象徴」しているが、ま、先に進むぞぃ。

マーフィーの登場は初回版と異なる。
このシナリオ展開に、初回版を見た人は、”えっ?” と思い、若干の不安を感じるじゃろう。

それと、女相棒はどうした? とうとう最後まで出ず。。「アン・ルイス(ロイス)」~!!どうした~!

が、しかし、

オイラは2014版ロボコップが好きだね。

その理由は?

1.グロくない(子供も見れる)
2.エロくない(同上)
3.カッコイイ
4.シナリオにさほど無理がない
5.初回版より科学的&論理的&良心的

ってとこかな。

が、しかし、”はっ?” ポイントも無くはない。

1.警察署長の不正動機って、、何?(これは描き不足じゃろ。”へっ?” って感じ。。)
2.結局誰が一番の悪だったの?(解釈により異なるって設定か?、、まぁ、あいつか。。)
3.パットはなんで、こんなにタカ派なの?(”嫌悪の象徴” の扱いじゃ。プロパガンダ過ぎじゃろ。。。)


<総評>

前作を見なくても楽しめる映画じゃ。ま、見ないほうが、きっと、楽しめるだろう。映像美とアクション、Good!
前作は良くも悪くも1980年代アメリカンムービーじゃ。勧善懲悪。単純明快なストーリー。そして、ド派手でエログロ。

今作は、パット演じる ”象徴” メインテーマであって、他は、その象徴を補完する物語じゃ。「隠れた主義主張」が強すぎるぞぃ。。
最後のパット演説を聴くにつれて、気分が悪くなる人がいるハズじゃ。これは、「リベラル派」、「タカ派」双方だろうなぁ。

ハッキリ言って、この演説はいらんかったのぅ。。

自分で考えてね。の方がよかったんじゃないかなぁ。


I Fought The Law♪、、、「The Clash」 I Fought The Law を流して映画が終わる。。

う~む。。。

Breakin' rocks in the hot sun♪
I fought the law and the law won♪


後味が悪いと感じる人もいるじゃろうが、無邪気に楽しめば、面白いし、カッコイイ!そして、クール!
星3つじゃ! 「刷り込み」を入れてくるのは映画の常とう手段、それが映画じゃ。ちゃんと理解して見るべし。

筋トレおやじ評価=★★★ (MAX5)



[PR]
by heronx | 2014-07-18 04:34 | レビュー

こんばんは。こんばんは。こんばんは。

はい、「筋トレおやじ」じゃ。オイラが見たレンタルDVDの感想を勝手に述べるコーナーを始めたいのじゃ。
シリーズとして続けたいなぁ。と思っている次第だぞぃ。若干のネタバレもあるので注意してちょ。


さて、本日のお題は、「 エリジウム 」じゃ。

オフィシャル・サイト
http://www.elysium-movie.jp/

主演:マット・デイモン 出演:ジョディ・フォスター、他
監督:ニール・ブロムカンプ

d0333104_00213573.jpg

© 2014 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.



エリジウム [Blu-ray]


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督が放つSFアクション。2154年、世界は人造スペースコロニーに住む富裕層と、荒廃した地球に住む貧困層とに二分化。余命宣告をされたマックスは「エリジウム」への進入を試みる。“6月カタログキャンペーン”。

内容(「Oricon」データベースより)

2154年。二分化された世界の貧困層に暮らすマックスは、ある日事故により余命5日の宣告を受ける。彼が生き残るためには、富裕層が暮らすスペースコロニー“エリジウム”の医療ポッドで治療する以外にない。僅かな希望を胸に、マックスはレジスタンス軍に入隊し、上空の世界へ潜入する…。『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督が圧倒的リアリティで突きつける衝撃の二極化SFアクション!


では、レビュー~

面白かったよ。一度も眠くなかった。
いきなり、これって「第9地区」か?って思うほどの、スラム街の描写で始まるのには笑えたぞぃ。オイオイ!「第9地区」で大成功したからと言って、引きずり過ぎちゃうか?監督さん!


ストーリーはよくある「ジョージ・オーウェルの1984」型じゃ。
もう何百もあるんとちゃうか?1984型のストーリーは、米国映画のテンプレートかも知れんのぅ。

ごく一部の「エリート富裕層」が快適な生活を続けるために、「貧困層」に極端な苦役と想像を絶する悪環境を強いるというパターンじゃ。

ストーリーの中心に「医療」格差を置いているのも、現代アメリカの風刺じゃの。「オバマ メディカルケア万歳!」映画じゃ。深刻な問題だから茶化したくはないがの。

製作者側としては、「今現在、既にこのような社会になってるんだよ~!気付けよ~」と言っているんだと思うが、いくら、映画で啓蒙しても社会が変わらないのは、製作者の隠れた意図かも知れんなぁ。

この映画も100億円以上の製作費がかかっているようじゃ。
ということは、当たり前じゃが、「巨大企業」がスポンサーに付いているという訳じゃ。
つまりは、「エリート富裕層」が金を出して作らせた映画でもある。
わかるかな~? そういうことじゃ。





世界の99%を貧困にする経済

内容紹介

大衆を食い物にして、何の責任もとらず、富をむさぼる上流層。その手口は、政治・経済のルールを自分たちに都合よく作り上げ、それがすべての人々の利益になると大衆に信じ込ませるものだった。アメリカ、ヨーロッパ、そして日本で拡大しつつある「不平等」のしくみを解き明かし、万人に報いる経済システムの構築を提言する。
経済・経営学者、エコノミストの投票でその年に出版された経済・経営書、ビジネス書の中で最も優れたものを選定する「ベスト経済書ランキング」2012年の第5位に選ばれました!




さて、映画の出来はどうかの。


まず、オイラの ”はっ?” 3大ポイントを述べるぞぃ

・なんで「エリート富裕層」が宇宙空間に住んでいる訳け?
・なんで「ジョディ・フォスター」は、あんなに冷酷な訳け?
・プログラムの初期化?へっ?なんじゃそりゃ?


って、ところかの。他にも突っ込みどころ満載じゃが、この3つに絞るぞぃ。

・なんで「エリート富裕層」が宇宙空間に住んでいる訳け?

先ず、「エリート富裕層」がわざわざ不自由極まりない宇宙空間に住むなんてオイラ日本人には考えがたい。母なる大地に住むのが人間の本能に根差すものじゃろ。
もしかしたら、開拓精神旺盛な「アメリカン」なら、それがベスト!なのかも知れないが、いや、、、やっぱり有り得ん。

地球環境がどうのこうの。ってよく言うが、キレイに浄化すればええじゃろ。
地球を汚しまくって、「じゃ、私たちは宇宙に住むのでよろしくねぇ~」って、根本的におかしくねぇか。
あんなチンケな「スペース・コロニー」では食料、水、空気、全てにおいて、足りないだろ。
「超巨大」な「超豪華客船」で太平洋のど真ん中で一生暮らすようなもんじゃ。退屈すぎて死んでしまうわ。

・なんで「ジョディ・フォスター」は、あんなに冷酷な訳け?

意味も無く、冷酷じゃったのぅ。もちょっと心理描写してもよくね。これじゃ、サイコパスな女が暴走してるとしか思えんな。


・プログラムの初期化?へっ?なんじゃそりゃ?

あのぅ。。「システム・セキュリティ」ってどうなってんの。たった一人のプログラマー(社長さん)がプログラム書き換えてコロニーを再起動し初期化できちゃうわけ?へっ?なにそれ?
初期化プログラムの書き換えも、超簡単すぎじゃね? 1分ぐらいでペッぺっと書き換えてたぞ。ハッカー側に至っては、書き換え場所を知っていたぐらいの速さで3秒ぐらいで書き換えてたぞぃ。もう~ありえへん。

ついでに言うと、データを盗まれたら、死亡っておかしくね?じゃなくて、盗まれたら「データ消去」が基本でしょ。中身が問題なんでしょ?器を壊しても意味ないじゃん。

って、ところかにょ。


<総評>

まぁ、娯楽映画だから、アクションが派手でそれなりにストーリーに面白みがあって、見た後、こうだったら、もっと面白くね?と議論ができるところはOKじゃ。

「良い方に考えさせる映画」=良い映画

である。と思っている。なので、この映画は ”良い” でしょう。

筋トレおやじ評価=★★★ (MAX5)





あくまでも、オイラの個人的な感想なので、その点はご了承のほど。

じゃ、また。




[PR]
by heronx | 2014-07-10 01:45 | レビュー

こんちは。

オイラはゲーム好きなので、いろんなゲームに手を出してるぜ~

アメーバピグも例外ではないぜぃ。

d0333104_11410483.jpg

d0333104_21132173.jpg

Copyright © CyberAgent, Inc.


しかし、なんやろな?このゲーム。。。めちゃくちゃ手間ヒマかかるじゃないか。
まともにイベント全クリアしたいのなら、
一日中パソコンの前に張り付いて、「ディトレーダー」並みにマウスをクリクリしてないとダメだぜ!


*ディトレーダー:
個人で株売買を「職業」としてやっている人のこと。
朝 9:00~15:00 まで、株式市場がOpen中は、パソコンから離れられない人のことを言う。
トイレと食事は、11:30~12:30 の間。株価の上下で心臓を悪くし、胃潰瘍に悩む人多し。
2~3台の液晶モニターの前で、”うわっ!” とか、”げげっ!” とか、”なんでやねん!” とかの独り言が多し。
時々、”よ~しゃ!”とか、”いけ、いけ!” とかの声が出れば、まだ救いがある種族のことらしい。

なお、この世界で利益を出し続ける人は皆無に等しく
運よく「まぐれ当たり」で儲かってしまった人は、早々に縁を切る覚悟が必要。「勝ち逃げ」が必須。
ドーン!と下がった株の回復を待っても、上がる日は滅多にこない。
もし、少しでも購入価格を上回る日が来たら、迷わず売るべし。
もっと上がると無駄な期待は不要。なにより、損を出さないことが肝要。
。。。な仕事なのじゃ。

補足情報、「職業欄」に ”自営業” と書くのは楽だが、「年収」をいくらに設定すべきか非常に悩むらしいとのこと。

もちろん、
才能があり、非常に分析上手な極一部の天才肌の人は「」の単位で利益を出す個人トレーダーがいないこともない。極々少数だろうが。
また、類まれなマメさで、細かく利益を出し続ける個人商店的ディトレーダーも少なからずいるらしい。
月に10万~50万の範囲で利益を出し続けているとのこと。
スゴイのぅ。。それができれば大したもんじゃ。博打を職業にできるんやからなぁ。。。

言っておくが、日本株は、一等先進国では有り得ないほどの「賭博場」じゃ。米国株はもっとまし。たまにリーマンショック等があるがの。。。
キケン極まりないので、素人は、絶対に「ディトレード」なんかに興味を持ってはいけない。
また、多少「株の本」等で勉強しても「ハッキリ言う」が意味等ない。儲かっている師匠を持たなければ絶対に勝てない。
ごっそり貯金等を持って行かれるぞ。最後は、”ありがとうございました” と証券会社ならびに、企業側から声が聞こえてくるらしい。
ま、、株ってもともと企業の成長を願って投資するものだから、個人株主が損をしても、企業が成長すればいいってか?

おっと、話が長~く、脱線してしまって申し訳ない。。。


そうじゃった。アメーバピグの話じゃった。


基本オモシロイよ。
オイラはトータル5000円くらい課金しちまったが、それも2年ほど前の話じゃ。いまは全くの無課金プレイヤーじゃ。
このゲームはハマると強烈な中毒性があるから、ちょっと注意が必要じゃ。

アメーバピグOpen当初(2011年5月)は子供も遊べたが、いろんな理由で現在は年齢制限付きとなったのじゃ。
だから15歳以下はほとんど遊べないと言ってもよい状況じゃ。基本的にな。(娘、息子にせがまれて遊ばせている親もいるらしいがのぅ。。)

なにが大変かって、つまり、ディトレーダー並みにパソコンに縛り付け状態になってしまうのじゃ。
とにかく、イベント全クリアのハードルが高すぎる。そして、とにかく面倒じゃ。

しかも、上手なことに、さすがアメーバ!サイバーエージェント!というくらい、面倒をオモシロイに変えちまっているのじゃ!

面倒→(変換)→オモシロイ

この変換ができていることが、サイバーエージェントさんの凄さじゃ!

この変換部分、超企業秘密だと思うが、各種「ゲーム理論」の本を読むと見えてくるぞ。
さすが! インテリ集団のサイバーエージェント!
社長の藤田晋は凄すぎる。
まさに真のITエリートじゃ。
そう言えば、元妻は女優の「奥菜恵」じゃったのぅ。。




渋谷ではたらく社長の告白〈新装版〉

内容紹介

二一世紀を代表する会社を作りたい――。高校生のときに抱いた起業の夢は、サイバーエージェントの設立により実現した。しかし、社長になった彼を待っていたのは、厳しい現実だった。ITバブルの崩壊、買収の危機、社内外からの激しい突き上げ……。孤独と絶望、そして成功のすべてを赤裸々に告白したノンフィクション。夢を追う人必読の書。


同じヒルズ族と呼ばれた「堀江もん」や、「三木谷さん」より、好きなお方じゃ。
藤田さんは悟りを得ている気がする。そういうところが好感持てるのじゃ。


d0333104_11430517.jpg



カジノで遊べるぞ!

Copyright © CyberAgent, Inc.

d0333104_11432477.jpg


釣りもできるぞ!

Copyright © CyberAgent, Inc.



ま、課金しなくても、楽しく遊べる「アメーバピグ」。計画的に時間配分して遊んだら、いいんじゃない?
やったら、楽しいと思うよ。

オイラは 「野菜」、「果物」の収穫時の ”ぷるん、ぷるん” って感じが大好きじゃ。

d0333104_20473121.jpg
Copyright © CyberAgent, Inc.



「ピグカフェ」も面白いぞ!
オイラは「ピグカフェ」で、こんな料理もあるんじゃのぅ!って勉強したくらいじゃ。

d0333104_21061503.jpg


Copyright © CyberAgent, Inc.



パソコン前に張り付くなら、「ディトレード」より「アメーバピグ」じゃな!
だって、失う金額は0円。もしくは、わずかな課金額じゃ。オイラの場合は、5000円ほどしか課金しなかったぞ。
株なら、いったい、いくら失うのじゃ。。怖すぎ。。

世の中年諸兄よ。

NISAとかで儲かってるかい!
儲かってるなら、何も言うまい。株の世界をエンジョイしようぜ。
しかし、株はとてもリスキーじゃ。真剣に取り組まないと大やけどするぜ。株は「ゲーム」じゃないからのぅ。



ちゃん、ちゃん。




[PR]
by heronx | 2014-07-09 21:16 | レビュー

おっす。

オイラは今年で52歳になる中年オヤジだ。

そんなオイラの青春時代は、その背景に角川映画のテーマ曲が流れていた。
今、改めて聴くと、なんとも ”やぼったい” 音楽だが、この音楽が俺らの青春時代を物語っていると言えるだろう。
このアルバムは、50代おっさん、必聴やで! 聴いて、懐かしんで、涙してや~!!




角川映画主題歌集

1. 愛のバラード (『犬神家の一族』)
2. 人間の証明のテーマ (『人間の証明』)
3. 戦士の休息 (『野性の証明』)
4. 蘇える金狼のテーマ (『蘇える金狼』)
5. 戦国自衛隊のテーマ (『戦国自衛隊』)
6. You are love (『復活の日』)
7. スローなブギにしてくれ(I want you) (『スローなブギにしてくれ』)
8. 守ってあげたい (『ねらわれた学園』)
9. セーラー服と機関銃 (『セーラー服と機関銃』)
10. 汚れた英雄 (『汚れた英雄』)
11. 光の天使 CHILDREN OF THE LIGHT (『幻魔大戦』)
12. 探偵物語 (『探偵物語』)
13. 時をかける少女 (『時をかける少女』)
14. 里見八犬伝 (『里見八犬伝』)
15. 愛情物語 (『愛情物語』)
16. メイン・テーマ (『メイン・テーマ』)
17. 晴れ、ときどき殺人 (『晴れ、ときどき殺人』)
18. Woman “Wの悲劇”より (『Wの悲劇』)




2014年現在、
随分と世の中はスッキリとして、清潔になり安全な時代になったものだ。

青少年の犯罪とか、世界情勢の不安定とか、最近のニュースでも流れているが、オイラが青春時代は、もっともっと、生臭くやぼったく冷たく殺伐とした時代であったのだ。もっとも尊重されたのは「個人主義」、そんな、時代じゃった。


オイラの青春、
1970年~1990年ぐらいは、バブル景気も加わり、世の中の大人たちは ”” と ”権力”、欲望に満ち満ちた「個の戦国時代」と言ってもよかったような気がする。

この時代を、とてもよく象徴した歌謡曲がある。これだ!


クリスタルキング・THE BEST

曲名:大都会
作曲:山下三智夫 作詩:田中昌之/山下三智夫/友永ゆかり 唄:クリスタルキング

ああ 果てしない 夢を追い続け♪
ああ いつの日か 大空駆け巡る♪

裏切りの言葉に 故郷を離れ僅かな望みを♪
求めさすらう俺なのさ♪


クリスタルキング・THE BEST




大都会/クリスタルキング (着信音)

2013/10/28 | フォーマット: MP3



オイラの世代は、

無関心世代ノンポリ:ノンポリシー)」と呼ばれたのじゃ。
つまり、思想闘争(1950年~1970年学生運動時代)終焉後の反動という訳じゃ。


オイラと同い年の「宇梶剛士」さんがブラックエンペラーの総長だったように、まさに暴走族最全盛期にオイラも青春時代を生きてきたのじゃ。バイク物語で書いたように、バイクブームも全盛期。まさに、荒れ狂う10代の時代を生き抜いてきたとも言えよう。(^_^;) 

これも、思想闘争終焉後の反動らしいがのぅ。意味も無く、集団を組みバイクで走り回って、荒れ狂った時代じゃ。
そして、その後、1995年、意味を求めた一部の若者がオウム真理教でマインドコントロール下、暴走してしまった。

。。。時代は振幅を繰り返し、バランスを取るのであろうのぅ。良くも悪くも、振幅を繰り返し、歴史は「破壊と創造」、「繁栄と衰退」を繰り返し、続くのじゃ。世の必然じゃ。仕方がない。

繰り返しながら、歴史を正しく学び、良いものは良い、必要なものは必要、ダメなものはダメ。と良き世界を目指すのじゃ。
決して、一部の思想や、覇権者の思惑で流されないように気を付けよう。ノンポリの俺ら世代だからこそ、傍観した立場だからこそ、分かることもある。


そんな50代
もうオッサンじゃ。若かりし日々は遠い過去の残像と化す記憶。。 もういいかなぁ。。そろそろリタイヤの準備でもするかなぁ?、、十分に働いたしなぁ。少しは余裕もできたよなぁ。。。ってか?

いや、まだやることはある。

人生80年時代。まだ30年もあるぞ。死なない限りはな!

30年もあったら、なんだってできるさ。ま、80歳の身体では無理は効かないがな。でも、頭は使えるだろう。ボケてなければな。
だから、健康だけは気を付けて、日々、必要な運動して、残り約30年をエンジョイしないと、先は長いぜ。

この角川映画音楽集を聴き、青春時代のアドレナリンを噴出させ、さぁ、頑張ろう! 中年の同期よ。


Riding high!


I can see you burning with desire♪
Reaching for a glory you will never find♪
Riding high, Riding high♪
You are the lonely rider I know♪

唄:ローズマリー・バトラー
作詞:TONY ALLEN
作曲:小田裕一郎
映画「汚れた英雄」テーマ曲

d0333104_09295135.jpg

著作者:f650biker
ライセンス:Creative CommonsAttributionShare Alike










[PR]
by heronx | 2014-07-04 09:32 | レビュー


イチロー

プロフェッショナルとして尊敬する人。

挫けそうになった時、

”夜空を見上げてイチローを思い出せ!”

って感じでオイラを励ましてくれる師匠。 イチロー。

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」 で
何回かイチローを取り上げていると思うけど、
仕事の達人として尊敬しているぜ。

独占インタビュー イチロー・4,000本への道 メジャーリーガー・イチロー
イチロースペシャル2012 メジャーリーガー・イチロー
イチロー・トークスペシャル メジャーリーガー・イチロー (2008年1月22日)
イチロー・スペシャル メジャーリーガー・イチロー (2008年1月2日)

実際は、気難しくて付き合い辛いと思うけど、
なんつってもプロフェッショナルなんだから、
そうそう気安くも無いだろう。

毎日同じルーチンを徹底して繰り返すなんて、、、
退屈だろうに。。と思う人もいるだろう。
実際、”それで人生たのしいの?”なんて
本気で心配する人もいるだろう。

が、しかし、 それが ”イチロー” なのである、
とオイラは思うのである。

故に、イチローである。

なんか、本当のプロフェッショナルな人って、
だいたいこんな人が多いと思う。「ゴルゴ13」 とかね。
ま、本当のところは、良くは知らんけどね。
そりゃ、イチローと友達って人から見たら違う面もあるよね。



。。。夜の11時過ぎなのに、なんだか 「カレーライス」 が食べたくなったぜぃ。


今日はこの記事で終わりにするぜぃ。
また今度ね~

-------------------------------------------------------
[PR]
by heronx | 2014-04-04 23:15 | レビュー

コンビニ新製品の食レポをお届けするブログとしてちまちま書いてるけど、
セブンイレブンの製品が多いでしょ。なんでって、、セブンが自宅に近いからです。
ローソンはちょっと遠いし、帰り道だと億劫なんだなぁ。
ファミマは逆側に密集してあるけど、すんません、帰宅路が逆なんで。。。

ところで、そのセブンイレブンなんだけど、オイラは感動したDVDがあるんだぜぃ。

それは、これ!

プロジェクトX 挑戦者たち 日米逆転! コンビニを作った素人たち [DVD]



いや、はや、、、へぇ。。、そうなんだぁ。 ほー。。

って、感じで感動したよ。

なにに?、、いや、まったくオイラの個人的な感動だけどな。

なにが凄いってさ、
アメリカ本家のセブンイレブン(サウスランド社)が放漫経営で破たん寸前になった時に、
セブンイレブンジャパンが本家を子会社化して救済するなんて。

みたかーー!! なめんなよーー!  って叫ぶ訳じゃないけど、

凄くない?実際。

暇ができたら、江東区のセブンイレブン1号店に行ってみたい。 

このDVD、見るべし。
そして、日本人の 「ど根性」 と 「飽くなき勤勉性」 と 「止められない向上心」 に胸を打たれるべし。
そして、勤労、勤勉すべし。 


(そして、コンビニのバイトさん、パートさん、ありがとう!コンビニは日本の文化です!)


たぶん、ローソンにもファミマにも感動秘話・歴史があるんだと思うけど、NHKさん、プロジェクトXで紹介して~



じゃ、またね~
[PR]
by heronx | 2014-04-04 21:50 | レビュー