ブログトップ

筋トレおやじの明日があるさ!

ぼやき: ”セウォル号沈没事故” 報道し過ぎではございませんか?


おはようございます。

出勤前のぼやきです。
私は、とっても有り難い「フレックスタイム」を有効活用させて頂いてます。
特に支障無い場合は9時30分出勤でも大丈夫です。すみません。助かります。

さて、
セウォル号の沈没事故の件ですが、
大変痛ましい事故でございます。亡くなった方々には哀悼の意を
ご家族の方には、かける言葉もございません。
大事なご子息、家族、親戚、お友達、等などを失った方々の心中を察すると
運航会社への憤怒の念で心が張り裂けんばかりかと思います。

ここからは、
ニホンの目ディアに一言なのでございます。

大変恐縮なのですが、老婆心ながら、一言でございます。
あなた達のスポンサー、覇王親分、局内の経営陣トップに
気を使っているのだろうとは思いますが、
ちと、この件での ”報道時間” が長すぎるのでは?と思わざる得ません。

貴方たちが ”大変だ~”、”一大事じゃ~” と慮るのはよく理解できます。
しかし、こうも怒涛のごとく報道されると、
おんやぁ?このテレビ局って”韓国の放送局”なのぉ?
と思えてしまうのです。

多分、
”これほどの事故は大ニュースでございますので、しっかりと報道しなければなりません”
”事故原因究明等をしっかりと報道することが、ニホン国民の為にもなるのです”
”ニホン国内の関係者が大変心配されております”
と色々な理由があるのだと思われます。

しかし、もう一度言います。

おんやぁ?このテレビ局って”韓国の放送局”なのぉ?
と思えてしまうのです。

そういうことなのでしょうか。

ただ「公共放送NHK」様は、ここまで極端ではないように感じられました。
さすがは、日本の公共放送である NHK です。
国外事案(日本国外での事故、事件等)のニュース報道スタンスがブレでおりませぬ。
ここ最近のNHKは良きかな。と思わせ、感慨深いものがございました。(涙。。)




では、失礼いたします。













[PR]
by heronx | 2014-04-22 09:06 | ぼやき