ブログトップ

筋トレおやじの明日があるさ!

コンビニ考 聖地巡礼⑦


こんばんは。

聖地巡礼、それは、信仰の御霊を磨く旅。

今宵も、「東京都下」、銀杏の木の下にトトロが佇む街。
街を歩けば、ミタカ!キイタカ!お前はミカタか?と問われるそうな。
そんなエリアでのコンビニ巡礼でございます。


d0333104_20405571.gif


六番巡礼地に始まり、七番巡礼地、そして八番巡礼地と廻った順番でご案内いたします。

d0333104_20191145.jpg


















いつものように”ウキウキ、ウォッチング♪”で到着~


おお、ここか。


立地!

六番巡礼地から自転車で2分。六番が十字の上、ここ七番が十字の右に位置する感じじゃ。
六番の接する道路は対面2車線ながら、歩道が広大と言えるほど広かったが、
七番巡礼地のここは、同じ対面2車線でも道幅が狭く、歩道も激せまじゃ。
この狭い道路をバスが通り、交通量も多いため、自転車移動はかなりの緊張を伴うのじゃ。

店舗周辺は低層住宅地。
グーグルマップさんで確認すると、整然と一戸建てが立ち並び壮観じゃ。
300mぐらい先に団地群もあり、潜在顧客は多そうだ。
半径100m内に競合コンビニは見当たらないが、あと10mぐらい先に行くと、”ズドーン!” と「ナンバーワン・コンビニ屋」が駐屯しておる。
六番巡礼地は「壊滅的打撃」を喰らったようだが、七番巡礼地はいかがかのぅ。
六番巡礼地も七番巡礼地も、「ナンバーワン・コンビニ屋」まで110mぐらいの距離であり、七百十一メガトンミサイルの射程圏内なのは確かなのじゃ。

外観!

おおぉ! こ、これは東京都下と言え、あまり目にしない「サイン看板」じゃ!
巨大なオレンジ矢印が流れるように点滅し「強烈」に店舗の存在をアピール!
駐車場も広いぞ!余裕で15台くらいは駐車可能じゃ!
ただし、狭く混雑した道路から駐車場への出し入れは「面倒に感じる」じゃろうのぅ。
しかし、この「サイン看板」はでかい! ”イッツ ア ボールドネス!

ゴミ箱!

問題なしじゃ。”クリア

店内!

ほーぅ。横長に広い店内じゃ。商品棚も「長いタイプ」じゃ。
歩道側、一面ガラス窓側に「雑誌」、「雑誌」、「雑誌」!
コンビニでこれだけ「雑誌」が並んでいるのも珍しい。そうそう無いなぁ。
床もピカピカ!店内もキレイ! ”ベリーグッド!

トイレチェック!

キレイ!文句なし。じゃが、若干気になる箇所発見。
コンビニによくある、「小ぶりの手洗い」、この洗面台が灰色に汚れてるのぅ。
「激落ち君」等のメラニン・スポンジでゴシゴシしたらキレイになるのにのぅ。
もうちょっとでパーフェクトじゃったのに!”オールモスト!

品揃え!

すんごいのぅ~。
この眺めは壮観じゃ。「スナック菓子」が横一面に ”ズラ~” と並んどる。
棚の上から下まで「スナック菓子」のオンパレードじゃ。
ポテトチップスの多いこと。6×8列?いや、もっとかな?
とにかくポテチの壁じゃ~!”イッツァ、ポテチ・パレード!

スィーツはどうじゃ?
うぉ、、!!!、オイラの近所にある「同一チェーン店舗」比で5倍はある!!!ある。ある。ある。
オイラの好きな ”おはぎ” が3種類、5~6個ずつ並んどる!
くぅ~。この店がオイラ家の近所にあったらいいのに~!!!

素晴らしい!、素晴らしい品揃えじゃ! 今までの巡礼地の中で「暫定1位」じゃ。”ブリリアント!

声掛け!

まぁ、この素晴らしい店舗で「どうした! 声が小さい!」なんて訳けない。
短髪のエネルギッシュな男性店員さんが「これでもか~!!」っつくらいに声掛けじゃ!
いや~、六番巡礼地の直後だけにギャップが激し過ぎる。。。”グローリアス!

レジ!

ホットスナック&フライヤー製品ケースもあるが、普通サイズじゃ。妙じゃのぅ。他の商品は過剰なくらい豊富なのにのぅ。。
うん?、な~るほど!! そういうことか。
三番巡礼地の立地は、「単身男子」割合が高い!と俺は推測した。
なぜなら、揚げ物、焼き鳥、アメリカンドッグなどの「ホットスナック&フライヤー製品」が異常に充実していたからじゃ。
これは「手料理」率が低いと判断できる一要因じゃろ?

この一帯は、一戸建てが立ち並ぶ「戸建住宅地」じゃ。つまり、腰を据えたファミリーだらけじゃ。
ということは、主婦(夫)の「手料理」割合が極めて高いと推測できるじゃろ?となると、「揚げ物」は自宅でカラッと揚げた方が美味しいよな。
故に、「揚げ物には力点かからず」、ということではなかろうか?

反してタバコは、”ズラ~!!” ここは、基本、”ズラ~” 戦法じゃのぅ。

接客!

オイラにも訊ねるかの?、やっぱり?、
そう、レジするお客全てに ”○○揚げたてですよ~、いかがですか~!” と声掛けてたのぅ。
もう、言うことなしじゃ。参った。”パーフェクト!

お買い物完了。コンビニさん”ありがとう!”


<考察>

今回ご紹介するこのエリアは非常に興味深い。

六番
が壊滅的被害を受けているにも関わらず、七番は素晴らしい店舗運営ぶりじゃ。
後日、八番も紹介するが、ここに負けず劣らずの店構えは ”リスペクト” に値する。
実際の「売り上げ額」は推測もできないが、七番の「店づくり」は素人眼にも素晴らしいと思える。
「儲かっている店」に見えるのじゃ!

六番七番決定的な違いを言ってしまうと、フランチャイズ本部の差だ。
業界3位内七番と、以下とでは相当の開きがあるのは容易に想像できる。

六番が「死にもの狂い」で努力しても、”本部力量” の差を埋めることはできないのかも知れない。
そうなのだが、だからと言って、七番が ”本部力量” だけで生き残っている訳でもないのは明白だ。

”自分が不甲斐ないのは親の性なのか?” 官兵衛、お主はどう、思うのじゃ?


コンビニ考 聖地巡礼⑥
コンビニ考 聖地巡礼⑤
コンビニ考 聖地巡礼④
コンビニ考 聖地巡礼③
コンビニ考 聖地巡礼②
コンビニ考 聖地巡礼①
コンビニ考 聖地巡礼⓪




[PR]
by heronx | 2014-04-26 21:28 | コンビニ巡礼