ブログトップ

筋トレおやじの明日があるさ!

ぼやき: 長渕剛、鹿児島の誇り


こんばんは。

”おいどん” は鹿児島生まれ、育ちも鹿児島。
高校卒まで鹿児島でごわす。

って、”おいどん” とか、”ごわす” とか、オイラが小学生の頃でも、言ってる人、見たことない。聞いたことない。
ってのが現実だけどさ、ま、鹿児島弁特有のイントネーションはあるよね。

それって、今でもある。
”そんなこと、なかよ~” 
って文字で書いてもピンとこないが、イントネーションは独特じゃ。
この鹿児島弁特有のイントネーションを東京の街中で聞くと ”ドキッ!!” とする。
思わず、辺りを見回しちゃうね。。。

ま、郷土を持つっていいことじゃ。
そんな、郷土の星! ”長渕剛” は、オイラ達、鹿児島県民の誇りじゃ
”熱い” なぜ、そこまで、熱いのか! と心配しちゃうくらい熱いヤツ!それが長渕剛じゃ。

さて、長渕剛(敬称略で皆が呼ぶくらいビッグネームじゃ!)は、デビュー当時はガリガリに痩せてロン毛だったの知ってるかい?
当時は、「青春ラブ・ソング」を歌って、”チャライ感じ” の人だった。
でも、本質は全然「チャラ男」じゃない。チンピラ役を、地で行く ”ハイ・テンション!” な男だったのだよ。最初っからね。

家族ゲーム”、”親子ジグザグ”、”とんぼ”、”しゃぼん玉”、”RUN”、”英二ふたたび”、どれもこれも熱いねぇ~。
切れまくりだよ。長渕剛

そんな、長渕剛じゃが、女優の志保美悦子さんと結婚した後、しっかりした奥様の健康管理もあり、我らの様は「健康優良児」へと変身して行くのじゃ。今年、御年 57 歳になろうとしてるが、鍛え上げられたマッチョな体は「健康優良児」そのものじゃ。

オイラもから多大な影響を受けている。
薩摩隼人として、叩き込まれた ”ぼっけもん” 魂は鹿児島県人の「男気」なのじゃ。

”ぼっけもん”( ”ポケモン” ではない)とは、Wikipedia 先生によると以下の通りじゃ。大方、間違いではない。その通りじゃ。

- 抜粋 -
「ぼっけもん」とは、大胆な人、乱暴な者を意味する鹿児島弁であり[3]薩摩鹿児島県人の気質を表した言葉である。

そんな剛の曲の中でも、オイラが一番好きな曲がこれだ。

「気張いやんせ」

どげんしてん やらんと いかんこっがよ♪
(何とかしても、やるべきことがさ)
オイにもワイにも ひとっくらいある♪
(私にも貴方にも、一つくらいはある)
やっせんぼ やっどんから~ よかぶいごろの♪
(弱虫、だけど、イイカッコぶりっ子の)
あげんな きっさねぇ まねゃでけん♪
(あんな、卑怯な真似はできないさ)

 


作詞・作曲・歌: 長渕剛


いっどどぅま、けしんかぎぃ、きばいやんせぃ♪
(一度くらいは、死ぬ気で、頑張ってみましょうか)


ありがとうぉ!





[PR]
by heronx | 2014-05-02 02:24 | ぼやき